サービス残業や持ち帰り残業について

日本にはサービス残業や持ち帰り残業という言葉があります。
サービス残業とは、残業代が出ない残業、つまり従業員がサービスで残業をおこなうものを言います。
サービス残業は言うまでもなく違法ですが、日本の多くの中小企業で従業員にこのサービス残業を強要している実態があります。

また、最近はサービス残業を目立たなくするためか、会社が従業員に仕事を家に持ち帰らせてやらせる持ち帰り残業も増えています。
持ち帰り残業は、残業代がきちんと支払われるのであれば、従業員も家族と一緒に食事をとったりリラックスして仕事ができるなどの利点があり、好ましい面もあるでしょう。
しかし、持ち帰り残業に残業代が支払われないとすれば、それは残業代請求や労基署の介入を妨害しようとする会社の悪質な対応と言えます。

会社は会社の指揮、命令による残業について、このような脱法行為によって残業代支払い義務が逃れられるものではありません。

残業代を請求する側の従業員としては、サービス残業や持ち帰り残業を強いられていたという証拠をしっかり残しておくことが非常に重要です。

このページの先頭へ