付加金

残業代を計算した結果、未払い残業代が100万円となったとします。 しかし、会社にはその2倍である200万円請求できる場合があります。

それは付加金を請求することです。

労働基準法は、使用者が残業代を支払わない場合に裁判所が付加金を支払う旨命じることができると規定しています。

この付加金は最大で未払い残業代と同額まで認められる可能性があります。
つまり訴訟で付加金の支払いが認められると使用者は最大残業代を2倍支払わなければいけない事態にもなりうるということです。

もっとも付加金の支払いが実際に認められるかどうかは事案次第です。
例えば、使用者が残業代の支払いを固く拒み、一切支払わおうとせず、和解などにも応じず裁判で判決までいった場合などが考えられます。

このページの先頭へ