残業代請求の流れ

最初の面談から裁判の終わりまでの流れを説明いたします。
下記はあくまでも、一般的な手続きの流れで、必ずしも、全ての事件でこのような方法をとるわけではありませんので、その点、ご承知おきください。

弁護士との面談

まず弁護士と依頼者の方で面談し、残業代回収の見込みや今後の流れをご説明させていただきます。
何時間くらい働いていたのか、いつから働いていたのか、基本給はいくらかなど、お仕事について詳しく聞き取ります。
この時点で、残業代が全然請求できないような事案である場合(滅多にありませんが)は相談のみで終了となります。

残業代が請求できそうである、弁護士費用や時間をかけてでもやる価値がありそうという場合はご依頼いただくことが可能です。
資料を御持ちいただくと面談がスムーズです。

資料は例えば雇用契約書、求人票、給与明細、就業規則、タイムカード、日報、日記、これまでの経過を書いたメモなどです。

残業代の計算・証拠の確保

証拠

残業代請求ではここが最も大事な仕事となります。
残業代の計算は別ページで解説しましたが、1年分、2年分計算するとなるとかなり大変です。
間違いがないように、慎重に計算します。

タイムカードや日報等、残業の実態の証拠となるものを入手可能な場合で、また手に入れていない場合はこの時までに集めます。

会社に請求した後だと、会社に証拠を隠滅されてしまう可能性があるからです。

内容証明で会社に残業代を請求する

残業代の計算と証拠集めが終わったら残業代を請求します。
弁護士からの内容証明に驚いて、すぐに残業代を払ってくる会社もありますし、すぐには払わずとも交渉の結果、示談となり残業代を払ってくる会社もあります(私の経験では5割強の会社がこの時点で残業代を払ってきます)。

労働審判・訴訟をする

訴訟

内容証明を送っても残業代を払わない場合は労働審判を申し立てるか、訴訟を提起することになります。どちらを選ぶかは事案によって異なります。

労働審判の場合は申し立てから3回以内に終わるので迅速に解決できます。

裁判は、労働審判よりも時間がかかりますが、会社が残業代の支払いを強く拒んでいる場合は労働審判では決着がつかないので裁判をすることになります。

労働審判も裁判も概ね1ヶ月に1回のペースで進行します。

手続きは弁護士が全ておこないますが、労働審判では依頼者の方の話を裁判官が聞きたがるので、同行していただく必要があります。
一方、裁判の場合は証人尋問の時を除いて、同行していただく必要はありません

審判や判決で手続きが終わりとなりますが、途中で和解となる事案も少なくありません。

このページの先頭へ